公害発生現場-半数で工費増、25%で工期遅延/日建連調査、事前調査の結果反映を

2021年8月24日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 日本建設業連合会(日建連、宮本洋一会長)は、工事現場で発生する公害(苦情)の2020年度実態調査結果をまとめた。振動や騒音、地盤沈下などが発生した現場の約半数で工費が増加し、25%で工期が遅延してい…

残り 929文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン