大成建設ら/カーボンリサイクルCO2地熱発電技術の開発着手/脱炭素に貢献

2021年8月24日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大成建設は、二酸化炭素(CO2)と地熱を利用した発電技術の開発に着手した。地中深くにCO2を圧入し、熱媒体として循環させる。地熱資源として採熱し、発電機のタービンを回転させ送電する仕組みを目指す。火…

残り 614文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン