舗装工事、工期「適正」6割/平準化は改善の余地あり/道建協が実態調査

2021年8月25日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 日本道路建設業協会(道建協、西田義則会長)は、国土交通省が発注した舗装工事を対象に、働き方改革の実態調査を実施した。調査結果によると、「適正な工期が設定されている」と感じた割合は回答数ベースで6割を…

残り 856文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン