鹿島/「現場の工場化」完成形へ着々/成瀬ダム堤体工事、自動化施行が通常パターンに

2021年8月31日 技術・商品 [1面]

文字サイズ

 鹿島が秋田県の東南端にある東成瀬村で施工している「成瀬ダム」の建設工事で、自動化施工に磨きを掛けている。堤体構築で12~13台の無人の自動化重機が稼働しており、監視職員とシステムの両方のレベルが向上…

残り 937文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン