清水建設ら/コンクリ機能保持技術を改良/被覆材を透明化、状態確認可能に

2021年9月3日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 清水建設は、三井化学産資(東京都文京区、橘明宏社長)と共同開発したコンクリート構造物の機能保持・向上技術「タフネスコート工法」を発展させ、構造物に被覆するポリウレア樹脂を透明化する工法を開発した。被…

残り 592文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン