工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

神奈川県藤沢市/藤沢駅南北自由通路拡幅/2期に分け施工、小田急側を先行整備  [2021年9月7日5面]

完成イメージ(藤沢市提供)

 神奈川県藤沢市は、JRと小田急が乗り入れる藤沢駅の南北自由通路拡幅事業で、工事を2期に分け1期として小田急線側を先行整備する方針を固めた。9月補正予算案に詳細設計負担金1720万円を計上した。1期工事の事業主体となる小田急電鉄が設計を委託する。詳細設計負担金は2021、22年度の2カ年で計2億3535万円を予定している。23年度の工事着手を目指す。
 「藤沢駅南北自由通路拡幅整備事業及び藤沢駅改良事業」は19年3月に藤沢市とJR東日本、小田急電鉄の3者が実施に向け基本協定を締結、3月には基本計画が完了している。新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、詳細設計着手を22年度に1年先送りすることを決めていた。基本設計後の精査で費用負担割合などの協議が整ったことから、詳細設計の早期着手を決めた。
 当初計画ではJR東日本側と小田急側の同時一体施工を考えていた。新設するコンコースの構造的工夫などで鉄道施設の移設回避が可能となったことなどから、2期に分けての2段階施工に変更した。
 1期は小田急側自由通路拡幅と小田急藤沢駅改札の橋上化。2期ではJR東日本側自由通路拡幅とJR・小田急間の乗り換え連絡通路を整備する。基本設計後の精査では全体事業費が約335億円と当初事業費より約25億円増額したが、市負担金は約176億円と約4億円減額した。
 2期は22年度から接続部の設計などに着手し、26、27年度に詳細設計を行う。1期工事の完了に合わせ、28年度から継続して工事着手できるよう調整する。
 現在の藤沢駅は小田急線の改札口が1階、JR東日本の改札口が2階となっている。改札口を2階に統一することで、利用客の利便性向上を図る。駅北口2階にある江ノ電改札口との連携も強化。駅の南北連携を強化することでにぎわい創出を目指す。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。