国交省/球磨川水系で流域治水の本格検討開始/流水型ダムや河道掘削で治水実現へ

2021年9月7日 行政・団体 [2面]

文字サイズ

 国土交通省は昨年7月に豪雨災害が発生した球磨川水系を対象に、「流域治水プロジェクト」の実現に向けた検討を開始した。気候変動を踏まえ、想定する河川流量を大幅に引き上げる考え。新たな流水型ダムの整備や宅…

残り 828文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン