東急電鉄/点検・保守業務に鉄道版インフラドクター導入/3D点群データなど活用

2021年9月8日 技術・商品 [4面]

文字サイズ

 東急電鉄は、鉄道関連施設の点検・保守業務に道路向けの維持管理システムを応用した「鉄道版インフラドクター」を導入する。3D点群データや高解像度カメラ画像を活用し、トンネル検査作業などの時間短縮や検査精…

残り 441文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン