工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

福井駅前南通り地区再開発(福井市)/事業コンサルと設計・監理者募集/準備組合  [2021年9月13日8面]

 福井市の駅前南通り地区市街地再開発準備組合は13日、JR北陸線福井駅西側で計画している「福井駅前南通り地区第一種市街地再開発事業」の事業コンサルタントと設計・監理者の募集を始める。プロポーザル方式を採用し、24日まで提案を受け付ける。理事会で提案内容を評価し、早ければ今月下旬に審査結果を通知する。募集要項はメールで送付する。
 応募資格は2011~20年度に市街地再開発事業における資金計画や権利変換計画の作成、価格確定の各業務に加え、同じ期間に市街地再開発事業の基本設計や実施設計、工事監理業務の完了実績があること。単体またはJVで参加を受け付ける。
 業務内容は資金計画や権利変換計画の作成など事業コンサルタントに関する業務、基本・実施設計や工事監理など設計・監理に関する業務。
 再開発の対象は駅前南通り商店街やガレリア元町商店街がある同駅西口(福井市中央1)。施行区域は約1・0ヘクタール。Iブロック(約1500平方メートル)、IIブロック(約1360平方メートル)、IIIブロック(約2770平方メートル)に再開発ビルを建設する。主な用途は商業・業務施設、ホテル、住宅、駐車場。福井駅豊島上町線を挟んで西側がI、IIIブロック、東側がIIブロックとなる。
 20年10月に都市計画決定が告示され、準備組合は21年度中の組合設立認可を目指している。現在、アフターコロナなどを見据え、各ブロックごとの事業計画や整備スケジュールなどを検討している。事業全体のコンサルタントはアール・アイ・エーが担当。4月から事業協力者としてフージャースコーポレーションが参画している。
 順調にいけば、組合設立後、22年度に権利変換計画の認可を受け、既存建物を解体、23年度にも着工する見通しだ。
 募集要項の配布申し込みは、準備組合事務局(電話090・3497・2187、メールc-ueno@hoosiers.co.jp)まで。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。