技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/荷物を自動配送する自律配送車を開発/建物制御システムと連携  [2021年9月13日3面]

配送車の外観

 清水建設はオフィスや商業施設での使用を想定した荷物の「自律配送車」を開発した。荷受けから荷降ろしまで館内配送プロセスが自動化できる。建物設備の制御技術と連携し、エレベーターや自動ドアを制御しながら荷物を配送先に届ける。将来的には外部の物流業者から受け取った荷物の配送にも対応できるようにする考えだ。
 清水建設が開発した建物設備・ロボット連携基盤(自動運転プラットフォーム)をベースに、建物と配送車の連携機能を構築した。屋内走行の機能開発では、自動配送ロボットの実用化を研究開発しているパナソニックと協業。パナソニックの車両管理システムと自律走行技術を採用した。
 配送方法はまず、車体収納スペースに内蔵した「荷積みカメラ付き荷物登録画面」を起動する。次に収納スペースに荷物を積み込み、画面に2Dバーコードの荷物の伝票を読み込ませる。自律配送車が荷物を積み込んだ順番と配送先のデータを処理し、効率的な配送ルートを自動生成する。
 発送手続き完了後、開口ふたを引き下ろすと車両が無人走行を開始。走行経路上に現れる自動ドアの開閉やエレベーターの昇降をその都度制御しながら各配送先に荷物を送り届ける。配送先に到着すると、画面に荷物が届いたことを表示する。
 新型コロナウイルスの感染拡大や人手不足を背景に、自動走行ロボットを活用した館内配送サービスの実用化に向けた技術開発が加速している。建物設備との連携機能など、ロボットの自律走行制御技術の実証実験が各所で進められている。一方で発送プロセスを効率化する利便性や、走行時のステータス通知機能といった配送サービス実装時のユーザー利便性を考慮した機能開発が進んでいないことが課題だった。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。