論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/たくましい土木の女性  [2021年9月13日1面]

 土木は英語で「シビルエンジニアリング」と呼ばれ、「市民の工学」という意味で広く知られている。先日ある女性土木技術者を取材した時に「市民の約半数が女性ならば、土木の仕事の約半数に女性が携わることは何もおかしくない」との言葉が妙に腹落ちした▼女性の土木技術者は男性と比べまだまだ少ない。「土木技術者女性の会」の会員数は2021年3月末時点で約350人だが、会の活動はコロナ禍でもまったく停滞していない▼小中学生向けの夏のイベントでは橋梁点検やトンネル現場見学をオンラインで開き、様子をホームページに公開。市民目線を大切にして土木の魅力を伝えようとさまざまな制約をバネに工夫を凝らした活動を展開している▼話しを聞いた女性土木技術者は一児の母で出産と育児を経験。「お母さんもできて土木の仕事もできるのはすごくぜいたく。土木の女性はたくましい」と聞き、圧倒されてしまった▼建設業界は官民を挙げて誰もが働きやすい職場づくりに取り組んでいる。イベントに参加した子どもたちが就職する時代には女性技術者の活躍や定着が“普通”の産業になってほしい。

このジャンルの最新記事

コメント

  • 匿名 より:

    金魚鉢の中の反抗。その上女性の自己実現の犠牲にされる子供がかわいそうです。

  • 匿名 より:

    2021年9月13日 8:06 AM コメントの方へ質問です。
    金魚鉢の中の犯行 とは具体的に何をイメージされていますか?
    男性の自己実現のために犠牲にされてきた女性がたくさんいることをご存じですか?

  • 匿名 より:

    こういうところが・・w

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。