長野県/入札参加者数の動向注視/工事発注多く受注可能業者の拡大必要

2021年9月15日 行政・団体 [5面]

文字サイズ

 長野県が建設工事の入札参加者数の動向を注視している。全県ベースの入札参加者数の平均は2020年度が3・8者(前年度5・2者)になり、5年連続で減少した。21年4~6月は4・7者だったが、10ブロック…

残り 887文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン