回転窓/歌川国芳の視点

2021年9月17日 論説・コラム [1面]

文字サイズ

 長髪を振り乱すように踊るとうもろこし。後ろには唄と笛を担当する野菜が控える。江戸後期に活躍した浮世絵師、歌川国芳が歌舞伎役者をモチーフに描いた作品だ。軽やかでユニークなタッチは古くささをまったく感じ…

残り 370文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン

同一ジャンルの最新記事


2022年8月19日 [1面]

2022年8月18日 [1面]

2022年8月10日 [1面]

2022年8月9日 [1面]