技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設ら/自然採光生かす照明制御システムを開発/人の明るさ感覚を考慮  [2021年9月17日3面]

二つのセンサーが自然採光による窓や天井の明るさを検知し、照明出力を制御する

 大成建設と東京理科大学は、独自に算出した「明るさの感覚値」を考慮し室内照明を最適制御するシステムを共同開発した。自然採光による空間全体の明るさを踏まえ照明を最適に制御することで、業務などに必要な光量を確保しつつ、過剰な光量を抑える。照明の省エネルギーを実現。自然採光を生かした快適な執務環境の創出で執務者の健康促進にもつながる。新築、既存ともに導入が可能。オフィスや病院などに導入を提案する。
 明るさの感覚値は、天井面と窓面の光の量から人が感じる明るさを数値化している。被験者実験を通じて独自に算出した。
 開発した「T-Brightness Controller(ティー・ブライトネス・コントローラー)」は、天井に埋め込む▽明るさ制御窓面センサー▽明るさ制御天井面センサー▽明るさ制御コントローラー▽照明-で構成する。二つのセンサーが窓面と天井面から得た自然光などの室内光量を計測し、明るさの感覚値が維持できるよう照明出力を制御する。常に快適な光環境を提供できる。
 自然採光の光量に応じて明るさの感覚値を維持し、室内照明の出力を制御。自然採光の量が多い場合は室内照明を抑え、照明エネルギーが削減できる。窓のある室内空間を対象に年間のエネルギー消費量をシミュレーションしたところ、年間約11%の省エネ効果があったという。
 一般的な室内の光環境は、執務者の机上面の照度をセンサーで検知し、執務者の手元で必要な照度を確保するよう制御していた。だが執務者は、手元だけでなく自然採光を含めた空間全体で明るさを感じているため、室内全体では必要以上の光量になっていることもあった。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。