企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

協和エクシオ/昭和電線HDと業務提携/洋上風力市場の競争力と優位性高める  [2021年9月22日3面]

 協和エクシオと昭和電線ホールディングス(HD)は、洋上風力発電に関連する電力工事で業務提携した。市場での競争力と優位性を高めるのが目的。両グループが保有する施工技術や電力ケーブルの関連部品を相互に活用する。拡大が見込まれる洋上風力発電市場を中心に、再生可能エネルギー分野で事業拡大を目指す。
 業務提携では、協和エクシオが施工する洋上風力発電工事などの自営線敷設工事に、昭和電線グループの電力ケーブルや関連部品を使用する。電力ケーブルの接続工事で技能を提供するなどして、洋上風力発電市場で連携体制を構築する。
 協和エクシオは、長期ビジョン「2030ビジョン」でこれまで取り組んできた大型太陽光発電やバイオマス発電に洋上風力発電を加え、再エネ事業のさらなる拡大を目指すとした。
 昭和電線HDも、高電圧電力ケーブル用コネクター「SICONEX(サイコネックス)」と接続工事システム「SICOPLUS(サイコプラス)」を戦略製品に、洋上風力発電関連で攻勢を掛け成長を目指している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。