技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/3Dプリンターでグラデーションカラーのベンチ造形/モルタル4種類切替  [2021年9月22日1面]

3Dプリンターで造形したグラデーションベンチ(報道発表資料から)

 清水建設は、滑らかに色が変化するグラデーションカラーのコンクリートベンチを3Dプリンティングで造形する技術を確立した。自社開発した繊維補強モルタル「ラクツム」を使用。色調が異なる4種類を用意し、ポンプに投入する材料を切り替えてグラデーションを表現した。2022年春に開業予定の複合開発街区「ミチノテラス豊洲」(東京都江東区)の外構に3基設置する。
 ベンチの造形にはラクツムに顔料を混練した「カラーラクツム」を使った。3Dプリンターに色調が違う4種類のカラーラクツムを投入し、自由曲面形状の背もたれ付きベンチを約3時間で一括印刷した。
 ラクツムは通常のモルタルに使うセメント、砂、長さ6ミリの合成短繊維などで構成する。形状を保持したまま2メートル以上の高さまで積層できる。ラクツムのプリント造形物は耐久性が高く、積層面が目視で確認できないほど一体化できる。劣化の原因となる水や空気の侵入を助長する気泡や空げきが内部にほとんどできない。顔料を混ぜても発色がよく、任意の色合いにカラーリングできる。
 ラクツムの積層に使う3Dプリンターは産業用ロボットアームと制御ソフト、材料移送ポンプ、ノズル、レーザー距離計で構成する。造形物の3DCADデータで自動生成したロボット制御プログラムに基づいて印刷。ロボットアーム先端のノズルからラクツムを一定の速度で押し出し造形する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。