横浜市/花博基盤整備/新たな交通、市と運行事業者の想定事業費は320~340億円

2021年9月24日 工事・計画 [5面]

文字サイズ

 横浜市は2027年3~9月に、旧上瀬谷通信施設で開催予定の国際園芸博覧会(花博)会場と、最寄り駅の相鉄線瀬谷駅を結ぶ新たな交通システムの想定事業費を明らかにした。市が整備する軌道や駅舎などと、運行事…

残り 789文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン