技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鴻池組/MRトンネル施工管理システムを改良/遠隔臨場が可能に  [2021年9月27日3面]

トンネル坑内に表示されたMRデータ(報道発表資料から)

 鴻池組とソフトウエアメーカーのインフォマティクス(川崎市幸区、齊藤大地社長)は、MR(複合現実)を使ったトンネル施工管理システム(トンネルMR)に遠隔臨場機能を追加した。MR技術で座標を指定しマーカーレスで現実空間にデータを表示する「空間アンカー機能」を導入。トンネルMRと連携が可能な遠隔臨場システムを開発した。
 トンネルMRではゴーグル型端末(ホロレンズ2)を使う。トンネルや周辺の地形、構造物を含むCIMモデルに施工時の計測データなどの実物情報を統合しクラウドサーバーに構築。インフォマティクスのMRシステムに導入された空間アンカー機能を使いトンネル坑内に表示することで遠隔臨場を可能にした。
 一般的にMRデータを現実空間に表示する場合、正確な位置にマーカーを設置し表示させるなど原点となる位置情報が必要。空間アンカー機能ではあらかじめMRデータを表示し登録しておくと次回以降、クラウドサーバーから情報を呼び出し自動表示できる。
 ゴーグル型端末はBIM/CIMモデルや図面を見るだけでなく映像撮影や計測、インターネット通信なども可能。遠隔臨場システムにはリモート機能やオブジェクト配置、計測値・変状調査の記録を帳票に自動入力する機能を備える。
 点検者はMRで作図したひび割れラインや漏水箇所などのマーキングを行えるようになる。現場では写真や音声データを事務所のパソコンへ送信し帳票に自動記録が可能。受発注者間で現実空間のピンポイントな位置情報も共有できる。
 同社は兵庫県西宮市で施工中の名塩道路城山トンネル工事(発注=国土交通省近畿地方整備局)で実証実験を行い、有効性を確認。今後も実運用に向けた改良を重ね生産性や安全性向上につなげていく。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。