九州整備局/8月前線大雨/河川改修やダム防災操作で水位低減

2021年9月28日 行政・団体 [23面]

文字サイズ

 九州地方整備局は8月11日から同19日ごろまで降り続いた前線に伴う大雨での管内の治水事業の効果をまとめた。六角川水系では河川改修により水位を最大約0・4メートル低下。筑後川水系の松原・下筌ダムで約2…

残り 808文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン