大林組/クレーン自律運転システム開発/3Dライダーで距離や位置など検知

2021年10月1日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大林組がクレーンの自律運転システムを開発した。運搬したい目的地点の位置情報を指定するだけで人工知能(AI)が最適な運搬ルートを自動生成し稼働する。つり荷に障害物が接近した場合、減速・停止しルートを再…

残り 595文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン