工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

久光製薬/スプリングスの新練習拠点体育館新築(佐賀県鳥栖市)/竹中工務店で着工  [2021年10月4日9面]

 久光製薬は、女子バレーボールのVリーグ1部に所属する久光スプリングスの新たな練習拠点となる体育館の新築工事に竹中工務店の施工で着手した。9月30日に建設地の佐賀県鳥栖市藤木町切ノ口で起工式を行った。規模はRC一部S造3階建て延べ8627平方メートル。2023年春のオープンを目指す。設計・監理は安井建築設計事務所が担当。
 「久光スプリングス練習拠点アリーナ(仮称)」はメインアリーナがバレーボールコート3面。1400席規模の観客席を備え、床材には衝撃吸収に優れた国際基準のタラフレックスを採用する。
 バレーボールコート2面のサブアリーナ、トレーニングルーム、クラブハウス、多目的室なども設ける。サブアリーナは一般開放し、メインアリーナやトレーニングルームも計画的な一般開放を検討している。
 脱炭素の地球に優しいゼロエネルギービルを目指し、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル) Readyを現在申請している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。