近畿整備局/平城宮跡歴史公園・大極殿院南門が姿現す/22年春復元整備完成へ

2021年10月6日 工事・計画 [8面]

文字サイズ

 奈良市の平城宮跡歴史公園で復元整備が進んでいる第一次大極殿院南門の建設現場で、門を覆っていた高さ約30m、幅約50mの素屋根が移動し、瓦葺(ぶ)きの屋根や鴟尾(しび)と呼ばれる飾り、朱色の柱など門全…

残り 290文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン