東京消防庁/新本部庁舎整備/想定規模は6万~6・5万平米、基本構想策定支援発注

2021年10月7日 工事・計画 [4面]

文字サイズ

 東京消防庁が計画する新しい「本部庁舎」の施設規模が明らかになった。想定する延べ床面積は6万~6・5万平方メートル。DX(デジタルトランスフォーメーション)推進や働き方改革の動向をみながら、都民の安全…

残り 532文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン