国交省/ブルーカーボン本格活用へ/浚渫土砂で干潟造成、排出権売買スキームも構築

2021年10月11日 行政・団体 [2面]

文字サイズ

 国土交通省は藻場や干潟といった海洋生態系が二酸化炭素(CO2)を吸収する「ブルーカーボン」の本格活用に乗り出す。浚渫土砂で人工干潟を造成し、海藻類の成育を促進。新たに生まれたCO2吸収量を国がクレジ…

残り 714文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン