西松建設ら/トンネル坑内でホイールローダーを遠隔操作/ローカル5Gを活用

2021年10月11日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 西松建設ら4社は8日、ローカル5G(第5世代通信規格)の通信技術を使ったホイールローダーの遠隔操縦システムを開発し、山岳トンネル坑内で施工の実証実験を行ったと発表した。28ギガヘルツ帯のローカル5G…

残り 700文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン