埋浚協会員/港湾・空港工事の生産性向上策「効果あった」/書類簡素化や遠隔臨場

2021年10月12日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 日本埋立浚渫協会(埋浚協、清水琢三会長)は、国が港湾・空港工事で展開している生産性向上策を対象に、会員企業の対応状況をまとめた。工事の大部分で実施した「書類簡素化試行工事」や一部で試行する遠隔臨場の…

残り 694文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン