技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/タイムライン策定支援システムを開発/SNSで対策実施状況を共有  [2021年10月13日3面]

ピンポイント・タイムラインの活用イメージ

 清水建設は国土交通省が推奨するタイムライン(防災行動計画)の策定・実践を支援する「ピンポイント・タイムライン」システムを開発した。施設管理者などの活用を想定。ピンポイントの気象情報と施設情報をベースに、必要な防災対策をシステム利用者に自動的にSNS(インターネット交流サイト)などで通知する。現場実証でシステムを改良し、早期の実用化を目指す。システムを活用した民間向けサービスの事業化も準備する。
 ピンポイント・タイムラインは、システム利用者にタイムリーな防災対策を通知し、対策実施状況の情報を共有できる。台風や大雨などの気象予報情報が出ると、システムが気象予報のデータを基に最大5日前から必要な防災対策を利用者に通知する。
 SNS画面には「書類を高所に移動する」「土のうを設置する」などの防災対策が表示される。対策要員はこれらを実施して画面のチェックボックスをクリックする。一連の情報はSNSで全関係者が閲覧でき防災行動計画の実施状況が共有できる。
 システムを使うには、まず同社の専門家が施設や事業所の防災担当者にヒアリングする。洪水や内水氾濫などシステムの納入先で想定される災害やリスクを把握。被害の防止・軽減策、対策を実施する気象条件とタイミングなどを評価した上で、防災行動計画を具体化してデータベースを構築する。
 タイムラインは災害時に「いつ」「誰が」「何をするか」に着目し、防災行動と実施主体を時系列で整理する。タイムラインの適切な立案には専門家の知見が必要となる。だが災害時の対策行動は多岐にわたり、建物用途や立地まで考慮した防災対策の選定・組み合わせは困難だった。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。