技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設/屋内向け木質空間構成フレームを開発/軽量で人力による施工が可能  [2021年10月14日3面]

軸材ユニット

木質フレームを使った会議室のイメージ

 大成建設は屋内に木質空間が構成できるフレーム「T-WOOD SPACELight」を開発した。ユニットを軽量木質部材で構成し金物を使わずに接合する。木質部材は人力で運搬、施工できる軽さなため、短期間で容易に施工できる。オフィスや店舗スペース、飲食店の間仕切りなど幅広い用途を想定している。
 梁や柱となる木質フレームを構築する軸材ユニットは、小断面製材4本をつづり材で接合した部材が基本構造になる。軸材の中心部分やつづり材が入らない部分は空洞で、重量が一般的な製材の半分程度になる。揚重機械などが使えない屋内でも人力で運搬・施工できる。
 細い製材を組み合わせた構造のため、ユニット同士を3方向から差し込むだけで製材同士を屈強に接合でき、構造体を支える柱と梁が構築可能だ。特殊な加工や接合金物を使わず施工性が大幅に向上する。軸材ユニットの構成本数を増やせば柱や梁の強度が高まり、最大でスパン長約8メートルの木質空間が構築できる。
 脱炭素社会の実現に向けて、建物に木材や集成材などの木質材料を活用する動きが広がっている。中・大規模建築物の木造化や木質ハイブリッド化、内装の木質化が注目されている。開発した木質フレームは環境負荷低減に貢献しながら木質空間を屋内に構築できる。
 15日から京都市の国立京都国際会館で開催される展示会「WOODRISE2021KYOTO」(主催・国際建築住宅産業協会)に出展。16日から同社の展示ブースで紹介する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。