理研、オリエンタル白石/超小型の非破壊検査装置を開発/橋梁点検車に搭載可能

2021年10月15日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 理化学研究所(理研)とオリエンタル白石は14日、コンクリート構造物内の塩分量から劣化状況を診断できる超小型の非破壊検査装置「中性子塩分計 RANS-μ(ランズ-マイクロ)」を開発したと発表した。中性…

残り 756文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン