大成建設ら/切羽吹き付けコンクリ厚定量管理システムを開発

2021年10月18日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大成建設とマック(千葉県市川市、宮原宏史社長)は、山岳トンネル工事の切羽へのコンクリート吹き付け厚さが定量的に計測管理できるモニタリングシステムを共同開発した。レーザー距離計と表示用レーザー光を一体…

残り 576文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン