工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日本GLP/ALFALINK相模原2が起工/延べ9万平米、23年5月竣工めざす  [2021年11月5日5面]

GLP ALFALINK相模原2の完成イメージ

鍬入れをする帖佐社長(いずれも報道発表資料から)

 日本GLP(東京都港区、帖佐義之社長)は4日、相模原市中央区で大型物流施設「GLP ALFALINK相模原2」の工事に着手した。同日、帖佐社長ら関係者が出席して現地で起工式を開いた。6階建て延べ9万平方メートル規模のマルチテナント型物流施設を建設する。2023年5月の竣工を目指す。設計・施工は公表していない。
 建設地は中央区田名。敷地面積は約3万9000平方メートル。建物はPC造(免震)6階建て延べ約9万平方メートル。4棟構成の「GLP ALFALINK相模原」で最後の着工になる。顔認証入館システムなど最先端の設備を導入する。建築環境性能評価システム・LEEDのゴールド認証と、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)認証の取得を予定している。
 起工式の神事は帖佐社長が鍬入れを行い工事の無事を祈願した。帖佐社長は「地域コミュニティーとの共生を通じ、豊かな生活と環境の提供を目指す」と話した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。