技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/AIシールド機を現場導入/高精度に掘進方向を制御  [2021年11月19日1面]

シールド工事の生産性向上のイメージ(報道発表資料から)

 清水建設は、シールド工事の掘進計画立案とマシン操作の自動化を目的に開発した人工知能(AI)施工合理化システム「シミズ・シールドAI」を実現場に導入する。「姫路市汐入川才西川放水路幹線建設工事」(兵庫県姫路市、日本下水道事業団発注)で、初期掘進完了後の2022年3月からAIによるシールド機の自動運転が始まる。
 シミズ・シールドAIはシールドトンネルの掘進計画を支援する「施工計画支援AI」と、シールド機の操作を支援する「掘進操作支援AI」で構成。導入現場では掘進作業終了時に取得する測量データをシミズ・シールドAIに展開し、二つのAIシステムの機能を連携させる。掘進計画の立案からシールド機運転まで一連の施工サイクルを自動化する。
 施工計画支援AIは名古屋工業大学と共同開発した。トンネルの計画線形に対するシールド機の掘進方法と、形状が異なる複数のセグメントの割り付け方法の3Dシミュレーションを繰り返す。得られた最適解を掘進計画として提示する。
 掘進操作支援AIは富士通の協力を得て開発した。与えられた掘進計画を具現化する最適なジャッキパターンを予測する。熟練オペレーターの実操作内容を教師データとして学習したAIが、掘進中のシールド機の姿勢や総推力、ジャッキストローク値などさまざまな情報から、シールド機を推進する複数本のジャッキの最適な制御方法(ジャッキパターン)を瞬時に判断・選択する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。