日本工営/樹種の比重差を流木捕捉工の設計に活用/防災減災に貢献

2021年11月25日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 日本工営が水害発生時に河川に流れ込んだ樹木の対策として「流木捕捉工」設計提案に注力している。比重の違う針葉樹と広葉樹は水流に応じ、河道をふさいだり下流域に位置する建物に衝突したりと、複合災害の原因に…

残り 584文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン