大成建設/トンネル掘削発破による長距離探査法を開発/切羽前方350mまで把握

2021年11月29日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大成建設は山岳トンネル工事での掘削発破の振動データを解析し、切羽前方約350メートルまでの地山状況が把握可能な手法を開発した。最大探査距離が従来手法の2倍以上となり、長期施工計画の立案が可能になる。…

残り 608文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン