国交省/建築BIM活用指針改定で方向性/業務報酬など検討課題に

2021年11月30日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 国土交通省は建築分野で用いるBIM活用ガイドラインの改定の方向性を示した。2022年3月に予定する改定時点で反映する内容として「発注者メリットと発注者の役割」や「データの受け渡しの方法」などを列挙。…

残り 738文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン