環境省/環境配慮へ公共建築契約手法見直し/23年2月の基本方針改正めざす

2021年12月8日 行政・団体 [2面]

文字サイズ

 環境省は省エネルギー対策や脱炭素化を後押しするため、2022年度に公共建築物の維持管理業務で契約方法を見直す。環境配慮の観点で入札参加条件の考え方や評価項目・方法などを検討する。継続的な取り組みを後…

残り 525文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン