岐阜県多治見市/庁舎検討市民委が中間報告/建て替えは必要と判断

2021年12月8日 行政・団体 [7面]

文字サイズ

 岐阜県多治見市の市役所新庁舎検討市民委員会(委員長・小林甲一名古屋学院大学教授)は、新庁舎計画に関する中間報告をまとめ、市に提出した。それによると、現庁舎は老朽化と耐震性に課題を抱えているため建て替…

残り 667文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン