幕末のトンネル型水路、東京都国分寺市で発見/玉川上水分水/歴史遺産として保全検討

2021年12月9日 論説・コラム [4面]

文字サイズ

 幕末期に整備されたトンネル形式の水路「胎内堀」が、東京都国分寺市の玉川上水分水で見つかった。発掘調査で幅員と天井高がともに1・3メートルと判明。玉川上水分水は幅1メートルの堀状になった開渠(かいきょ…

残り 318文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン

同一ジャンルの最新記事


2022年6月24日 [1面]

2022年6月23日 [1面]