中部国際空港/競争力向上へ滑走路2本新設/調整会議で合意、需要回復見据え

2021年12月15日 行政・団体 [8面]

文字サイズ

 2005年に開港した中部国際空港(愛知県常滑市)の課題を解決するための将来構想がまとまった。現滑走路の大規模改修、コロナ禍後の航空需要回復に対応するため、新滑走路2本を整備する。14日に開かれた愛知…

残り 563文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン