2022年4月に日刊建設工業新聞・電子版創刊

2021年12月23日 お知らせ

文字サイズ

 日刊建設工業新聞社は読者サービスの一環として、2022年4月に「日刊建設工業新聞・電子版」を創刊します。テレワークの普及など働き方が大きく変わっています。職場以外でも本紙がいつでもどこでも、パソコンやスマートフォン、タブレットでご覧いただけます。IDとパスワードを登録すれば記事の「切り抜き」機能、お気に入りの記事がブックマークできる「記事クリップ」機能などが無料で利用できます。
 数多くの記事から読みたい記事を探す検索機能も充実。検索ワードのハイライト強調で探していた記事にある検索ワードが一目で分かります。気になる記事を「記事クリップ」に登録しておけば、時間がある時にまとめ読みするのに便利です。
 自動メール配信機能は検索条件(最大4件)とメールアドレス(最大3件)を事前登録すれば、本紙に掲載された最新記事の検索結果がお手元に届きます。
 紙面ビューアー・記事ビューアーで本紙と同じレイアウトのまま紙面を読むこともできます。画面の拡大・縮小はもちろん、切り抜き時の閲覧も可能です。スマートフォンやタブレットはタッチ操作でより快適に記事が読めます。紙面、記事ともにPDFデータの印刷とダウンロードができます。
 これまでの日刊建設工業新聞オンラインサービス(人事・入落札・発注情報検索)は電子版スタート後も引き続きご利用いただけます。電子版の創刊に合わせオープンサイト(https://www.decn.co.jp/)も大幅にリニューアルします。注目の最新ニュースをはじめ、イベントや書籍など建設産業の総合情報をこれまでにも増して積極的に発信します。
 電子版の無料コースと有料コースの料金(税込み)と主な機能の使用条件は次の通りです。購読時の消費税率は紙(8%)と電子版(10%)で異なりますのでご注意下さい。
 4月創刊の日刊建設工業新聞・電子版にご期待下さい。問い合わせはメールで電子版担当(denshi@decn.co.jp)へ。