地域建設業の底力/宮城建協/豚熱の防疫措置に奮闘、「地域の守り手」が奔走

2022年1月6日 論説・コラム [8面]

文字サイズ

 宮城県では2021年12月12日に大河原町、同12月25日に丸森町の養豚場で相次いで豚熱(CSF)による家畜伝染病が確認され、宮城県建設業協会(千葉嘉春会長)の仙南支部(廣谷秀男支部長)が中心となり…

残り 676文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン

同一ジャンルの最新記事


2022年6月24日 [1面]

2022年6月23日 [1面]

2022年6月20日 [1面]