東北6県の22年庁舎建設/市町村で再整備進展/八戸合同庁舎建替が本格始動

2022年1月11日 工事・計画 [10面]

文字サイズ

 東北地方の各地で老朽化や災害に対応した庁舎の建て替えや改築などの再整備が活発化している。青森県八戸市の八戸合同庁舎では、建て替えに向けた基本計画の策定が進む。6県の2022年の主な整備事業をまとめた…

残り 1461文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン