関東整備局/遠隔臨場の試行方針まとめる/発注者指定の範囲拡大

2022年1月13日 行政・団体 [5面]

文字サイズ

 関東地方整備局が遠隔臨場の試行方針をまとめた。取り組みを後押しするため発注金額3億円以上だった発注者指定型の範囲を「1億円以上」に引き下げ、対象案件を大幅に拡充する。年間発注工事の8割程度が遠隔臨場…

残り 617文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン