論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/筋書きのないドラマ  [2022年1月13日]

 明るい年を期待したのもつかの間、年末年始の気の緩みからか新型コロナウイルスの感染者が急増している。変異株への警戒感が高まり、飲食店を中心に通常営業の自粛を求める声が再び強まってきた▼東京・神保町の岩波ホールがコロナ禍による経営悪化を理由に、7月29日で営業終了すると発表。ミニシアターの草分け的な存在として知られ、独自色の強い作品上映で人気を集めた施設の閉館は、新型コロナの影響の根深さを再認識させる▼公式サイトによると、1968年に多目的ホールとして開館し、知られざる名作映画の上映運動「エキプ・ド・シネマ」を掲げ、74年から単館映画館として展開。これまでに65カ国271作品を上映してきたという▼足を運んで鑑賞した作品の中で思い出されるのは、メイベル・チャン監督の「宗家の三姉妹」。激動の近代中国史で政財界の主要人物らと結婚した姉妹の愛と葛藤を描いた人間ドラマはロングランヒットとなり、注目を集めた▼北京冬季五輪の開幕が迫る中国では、感染拡大の押さえ込みに追われる。トップアスリートたちによる筋書きのないドラマが見られるよう願いたい。

このジャンルの最新記事

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。