北陸整備局/遠隔臨場で初の中間技術検査実施/大河津分水路新第二床固改築で試行

2022年1月14日 行政・団体 [7面]

文字サイズ

 北陸地方整備局は12日、現場に行かずにICT(情報通信技術)を活用して工事の進み具合を確認する「遠隔臨場」を用いた局初の中間技術検査の試行の様子を報道各社に公開した。  遠隔臨場を中間技術検査に導入…

残り 657文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン