安藤ハザマ/企画段階のボリューム設計自動化システム開発へ/業務時間5分の1に

2022年1月25日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 安藤ハザマは人工知能(AI)とデータ解析を使い、基本計画前の企画段階のボリューム設計を自動化する構想をまとめた。現在、システム開発を進めている。経験の浅い設計者が4~5日ほど要していたボリュームプラ…

残り 703文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン