厚労省/水道の工事監督者資格で要件緩和検討へ/24年の水道法改正との連動も

2022年1月26日 行政・団体 [2面]

文字サイズ

 厚生労働省は、地方自治体など水道事業者が配置する技術者資格で要件緩和を検討する。水道法で規定する▽水道布設工事監督者▽水道技術管理者-が対象になる見込み。必要な技術者を確保し水道事業の基盤を強化する…

残り 601文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン