鹿島、竹中工務店ら/汎用性高いカーボンネガティブコンクリ開発/活炭素へ移行めざす

2022年1月31日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 鹿島、デンカ、竹中工務店の3社は、汎用(はんよう)性が高いカーボンネガティブコンクリートの実現に向けて技術開発を推進する。3社を含むコンソーシアムによる共同提案が、新エネルギー・産業技術総合開発機構…

残り 860文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン