いであ/河川CIMで維持管理を効率化する手法を確立/2D図面を3Dに統合

2022年2月2日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 いであは、河道の堆積土砂や樹木の植生状況などを3D化する「河川CIM」を使い、維持管理を効率化する手法を確立した。河道変化や樹木消長を、CIMモデルとなるオブジェクト(属性情報)に変換。立体的に表現…

残り 595文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン