大林組ら/月の模擬砂を加工した土壌でコマツナ栽培に成功/宇宙農業実現へ前進

2022年2月8日 技術・商品 [1面]

文字サイズ

 大林組と宇宙農業の実現を目指す名古屋大学発のベンチャー・TOWING(名古屋市南区、西田宏平社長)は7日、月の模擬砂と有機質肥料を使った植物栽培の実証実験で、コマツナを育てることに成功したと発表した…

残り 619文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン